スポンサーサイト

  • 2011.09.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

TOYOTA、マークXの特別仕様車を発売

JUGEMテーマ:ニュース
   TOYOTA、マークXに特別仕様車250G “Relax Selection・Black Leather Limited”ならびに 250G Four“Black Leather Limited”を設定し、全国のトヨペット店(東京地区は、東京トヨタでも販売)を通じて、9月11日より発売する
  今回の特別仕様車は、「250G」および「250G Four」をベースに、ブラックの本革シート表皮、本革表皮フロントコンソールボックス、本革巻き+木目調4本スポークステアリングホイール&シフトノブ などを採用し、より高級感のある室内空間を演出している。さらに、運転席8ウェイ+助手席4ウェイパワーシート、快適温熱シート(運転席・助手席)、プラズマクラスター(マイナスイオン発生機能付)、ソフトプライバシーUVカット機能付グリーンガラス(リヤドアガラス・バックガラス)を特別装備し、利便性・快適性を向上させたほか、フロントフォグランプを採用し、視認性を向上させている。
  なお、外板色には、特別色のダークブルーマイカを含む、全7色を設定している。
トヨタ買取はこちら
マークX買取はこちら

日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

広汽トヨタ、生産累計100万台を達成

JUGEMテーマ:車/バイク
   広州汽車集団股份有限公司(以下、広汽集団)とトヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)の生産・販売合弁会社で ある広汽トヨタ自動車有限会社(GAC Toyota Motor Co.,Ltd.以下、GTMC)は、中国広東省広州市南沙の同社工場で、2006年5月の1号車のラインオフ以来生産累計が100万台に達したことを記 念し、本日、記念式典を行なった。

  式典には中国広州市の政府関係者や広州の日本総領事関係者を来賓に迎え、広汽集団、GTMC、
トヨタの関係者が出席した。

  トヨタは、中国における車両生産・販売拠点として、広汽集団と合弁で2004年9月にGTMCを設立した。
2006年5月には同社工場で「
カムリ」の生産を開始し、以降一貫して地域に根付いた生産・販売活動を行っている。2008年5月には「ヤリス」の生産を 開始。2009年5月には新設した第2ラインで「ハイランダー」を、2010年4月には同ラインで「カムリハイブリッド」を、さらに2011年6月、 「E'Z」の生産を開始している。

  トヨタは、「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」という創業以来の理念のもと、今後も中国のお客様や社会を豊かにする“もっといいクルマ”づくりに努めると共に、新規雇用の創出や人材育成を通じて、中国の自動車産業の発展に向け努力していく。
トヨタ買取はこちら
カムリ買取はこちら

日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

トヨタ、木曜日の操業を再開

 
JUGEMテーマ:ニュース
節電のため、木曜日と金曜日を休日としていた「トヨタ自動車」が1日、木曜日の操業を再開した。

 トヨタ自動車は浜岡原子力発電所(静岡・御前崎市)の停止の影響で、節電対策として、7月から9月末までの間、土日に操業して木金を休日としていた。しかし、夏場の電力需要のピークを過ぎたことから、1日から木曜日の操業を再開した。

 トヨタ自動車は、休日が土日に戻る10月以降は、一部で土曜日も操業するという。

トヨタ買取はこちら

日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

トヨタ、1日から木曜も操業 生産ペース加速

JUGEMテーマ:車/バイク

 トヨタ自動車は1日から、節電目的で休業日としている木曜日の工場稼働を再開する。9月に5回ある木曜のすべてで操業し、生産量を上積み する。トヨタの国内生産は7月に東日本大震災の影響を受ける前の水準にほぼ回復。8月以降は生産ペースをさらに上げている。震災の影響で休業した分の代替 として操業日を追加し、本格的な増産にかじを切る。

 トヨタの工場は現在、作業者が途中で交代する「2シフト制」を敷いている。木曜に操業するのは早朝から夕方までの時間帯にあたる前半の1シフト分。夕方から深夜にあたる後半の1シフト分は従来通り休む。

 トヨタが本体で運営する国内12工場のうち、愛知県の元町工場(豊田市)をはじめ11工場が対象。1週間の操業シフト数は合計で現行の10 シフトから11シフトに増え、単純計算で1割の増産効果を見込める。同社は震災の影響による3月以降の減産分を取り戻すため、9月から本格増産に入る意向 を示していた。

トヨタ買取はこちら


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

トヨタ「内容を確認中」 中国当局の死傷事故発表で

 
JUGEMテーマ:ニュース

 【広州=桑原健】中国の国家品質監督検査検疫総局がトヨタ自動車の乗用車に関し、部品破損が原因の死傷事故が起きていると明らかにした問 題で、トヨタの中国法人は「発表内容について確認中だ」とのコメントを出した。具体的な事故の発生数が不明なほか、完成車メーカーで同社だけが名指しされ た理由も分からないため、情報収集を急いでいる。

 同総局は8月29日に開いた上半期(1〜6月)の製品品質問題に関する記者会見で、ブレーキ部品の破損などによるトヨタ車の死傷事故が「やや多い」と指摘。具体的な車種としてセダンの「カムリ」と「鋭志(日本名マークX)」、多目的スポーツ車(SUV)の「プラド」を挙げた。

 広範な品質問題を扱った会見の中で、具体名が挙がった完成車メーカーはトヨタだけだった。同社は2010年3月に大規模リコール(回収・無償修理)を巡り、豊田章男社長が中国を訪れて謝罪会見を開いた。同年9月には系列の金融会社が法律違反のリベートを支払ったとして、中国浙江省杭州市から罰金の支払いを命じられた。

トヨタ買取はこちら

カムリ買取はこちら

マークX買取はこちら


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

【デトロイトモーターショー09】トヨタから iQ の電気自動車

JUGEMテーマ:ニュース


【デトロイトモーターショー09】トヨタから iQ の電気自動車
レスポンス

米国トヨタ販売は10日、『FT-EVコンセプト』の写真を公開した。超小型車の『iQ』をベースにした電気自動車で、2012年までに市販する計画だ。

公表された写真からは、iQをベースにしながら、グリルやヘッドランプ、テールランプなどの細部を変更して、EVらしい雰囲気を演出しているのがわかる。また、インパネには、バッテリー残量などを表示する専用モニターを追加しているのが見て取れる。

トヨタが公表したのは、「米国人の平均的な通勤距離、往復80kmをカバーする航続距離を実現したアーバンコミューターEV」という点のみ。モーターの出力やバッテリーに関する情報は、明らかにされていない。

FT-EVコンセプトは、デトロイトモーターショーの現地時間12日、11時30分に正式披露。モーターやバッテリーの詳細は、その時点で公表される。


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

【東京オートサロン09】身障者も注目した埼玉自動車大学校の福祉車両

JUGEMテーマ:ニュース


【東京オートサロン09】身障者も注目した埼玉自動車大学校の福祉車両
レスポンス

昨2008年の「東京オートサロン・カスタムカーコンテスト」で優秀賞を受賞した埼玉自動車大学校、今09年は『ワゴンR』ベースの派手な福祉車両を展示した。

ボディは赤と黒、そして車いすを車内に入れるためのスロープは飛行場滑走路のようにライトで点滅する。車内はビデオのモニターやオーディオのスピーカーが至る所に設置され、映像と音楽を楽しめる空間を演出している。

「オークションで安いものを買ってきて、エンジンをオーバーホールするなど、生徒12人で分担して作りました。全部で100万円ほどになりましたが、スピーカー類とエアサスペンションにずいぶんお金がかかった」と製作を担当した生徒の一人は話す。

そこへ突然、車いすに乗った年配の女性が現れ、この派手な福祉車両を見回し、生徒にいろいろと話を聞き始めた。その女性はよほど気に入ったのか、しばらくの間、車の近くを離れなかった。


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

「2009 逆風に立ち向かう企業」日産自動車: 日産自動車の新たな“挑戦”――「日産GT 2012」 (1/2)

JUGEMテーマ:ニュース


「2009 逆風に立ち向かう企業」日産自動車: 日産自動車の新たな“挑戦”――「日産GT 2012」 (1/2)
ITmedia

5%の売上拡大を目指す「日産GT 2012」
 日産自動車が2008年5月に発表した決算は、厳しい経営環境を如実に表すものとなった。その内容は、販売台数こそ過去最高、対前年度比8.2%増の377万台を記録したものの、2009年3月期の連結純利益は原材料高などの影響により、対前期比29%減の3400億円と、2期ぶりに減益に転じると予測。信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題に端を発した世界的な景気後退により、状況はさらに深刻さを増しつつあるのはほぼ間違いのないところだ。

 こうした中、同社が新たに公表した5カ年計画が、売上高を5年間で平均5%引き上げることを柱に据えた「日産GT 2012」だ。日産自動車は経営危機に瀕して以来、カルロス・ゴーン社長の下、「日産リバイバルプラン」「日産180」「日産バリューアップ」といった経営計画を遂行するとともに、事業を支えるITにもてこ入れがなされてきた。景気のさらなる悪化が予測されている中にあって、果たして同社はこの状況をいかに切り抜けようとしているのか。日産自動車の執行役員でCIOグローバル情報システム本部本部長情報戦略を務める行徳セルソ氏に話を聞いた。

新たな飛躍に向けた“5つ”の目標
ITmedia 「品質向上」「ゼロエミッションカーへの注力」「事業拡大」「市場拡大」「コスト削減」を柱とする中期経営計画「日産GT 2012」を2008年5月に新たに発表されましたね。

行徳 今回の世界同時不況の影響は非常に深刻です。一番厄介なのは、問題が企業の中にあるのではなく金融市場にあるところでしょう。各国政府の考えも微妙に異なり、ローンを受け入れる国もあれば、そうでない国もある。

 とはいえ、新たな飛躍のためにも当社は「日産GT 2012」について全社をあげて取り組んでいる。まず、品質とゼロエミッションカーに関して言えば、どんな不況の中にあっても、自動車メーカーはその実現に向け投資していくことが求められています。そこで前者では、ユーザーの欲しい車を提供することを主眼に現在、顧客とのタッチポイントの改善に向けたアクションを進めています。後者では2010年までにはハイブリッドカーの商品化にこぎつける計画です。

 事業のさらなる拡大に向け、米国のインフィニティをエントリーカーと位置付け、実に低価格でグローバル展開しようとも考えています。インドのタタ・モーターズの関係者と話したのですが、エントリーカーのグローバル展開を計画している企業は今のところ日産とタタしかありません。ハイブリッドカーとエントリーカーで成功できるか否かが、今後の当社の命運を分けると言っていい。

 もちろん、市場の拡大が世界的に緩やかになってきたことから、市場の見直しも欠かせず、仏Renaultと共同でコスト削減も進める予定です。

ITmedia 計画を遂行するために、何が求められているのでしょうか。

行徳 一言でいえば“変化”への対応力にほかなりません。それは従業員の意識とマネジメントの双方に共通して言えることです。当社ではこれまで、その実現に向け各種の仕組みを整備してきました。マトリックス型の組織体制もその1つです。こうした体制をとることによって、各リージョンのみならずグローバルな視点で生産台数を調整でき、長期的な視野に立った投資を行えるようになっているのです。

 また、業務改善プログラムの「CFT(クロス・ファンクショナル・チーム)」により、「販売・マーケティング」「研究開発」「製造・物流」「組織と意思決定プロセス」など、9つのテーマに分けて部門横断的に人材を集めたチームを組織したことで、部門やリージョン間のコミュニケーションを円滑化することができました。

 協力会社を巻き込んだ新たなビジネスの模索も続けています。例えばインドの協力工場とは、当社と連携したシナジー効果によって何が可能になり、そのために両者で投資できる分野がないかといったことまで踏み込み、新たなビジネスモデルを構築するために議論しているところです。

業務に食い込んだ知識をグローバルに展開
行徳 一般的に、今後、自動車産業のメインプレイヤーになるためには最低500万台以上の販売規模が必要と言われています。現状この条件を満たす企業は、米国と欧州で1〜2社、日本で1社程度なのが実情です。しかし当社とRenaultの販売台数を合わせれば、500万台を達成することができる。この条件をクリアするための他社の動きが注目されるところです。

ITmedia 現在取り組んでいる施策の概要について教えてください。

行徳 われわれの基本戦略は、日産自動車に蓄積され業務プロセスにまで深く食い込んだ知識をシステム化して、グローバルに展開するというものです。やはり人材には限りがあり、各リージョンに十分な人材を派遣することは難しいですから。場合によってはモジュールを追加しプロセスを支援する。こうした作業を海外市場で現在進めている段階にあります。今後、ITのシェアドサービス化やインフラの統合も視野に入れています。RenaultのグローバルCIO(最高情報責任者)とも、そろそろITインフラの統合を進めなければと話しているところです。

 こうしたコンセプトの下、日本でIT戦略や予算を決定し、システムの整備を現在進めている最中です。もちろん、システムは各リージョンのニーズも考慮に入れ構築しています。特にロジスティクスなどはリージョンごとにプロセスが大きく異なります。同様に、マーケティングやセールスにまつわるシステムも各地域の顧客ニーズを考慮することが求められるため、8割近くを新たに構築しています。

 一方、生産や調達といったグローバルで管理しなければならない業務は、日本のものをそのまま展開しています。一般管理にまつわるシステムは現在、リージョンごとに整備していますが、今後は同一のプロセスに統合する計画です。

ITmedia 具体的には、どのような手法でITを整備しているのでしょう。

行徳 実は日産自動車は1990年代前半、業務の現場で各種のITサービスが必要とされていたものの、情報システム部門がシステムの運用で手一杯となりニーズに迅速に対応できない状況にありました。この問題を解決するため、2005年から推進してきたのが、ワールドクラスの情報システム部門を作ることを目標に掲げた「BEST」戦略です。

 BESTとは「Business Alignment」(業務部門と情報システム部門の関係強化)、「Enterprise Architecture」(情報基盤の最適化)、「Selective Sourcing」(ITベンダーとの関係の見直し)、「Technology Simplification」(テクノロジーの標準化と簡素化)の頭文字を取ったものです。例えばRenaultの取り組みを参考にEA(Enterprise Architecture)の考えを取り入れシステムの整備手法を見直したのも、情報基盤の最適化を図るためにほかなりません。この取り組みを通じ、システムの共通化とオープン化を進めたことで、システムの整備コストを3分の1にまで圧縮できています。

ITmedia 今後の目標は?

行徳 まずはRenaultとのネットワークのシームレスな統合を目指したい。そのために、セキュリティの標準化作業などに着手する計画です。これにより、ディーラーに対して情報をより容易に提供できるようになるはずです。業務の効率性を高めるために、アウトソーシング先も見直さなくてはならないでしょう。

 一方で、ITの高度化に伴い情報システム部門にも変化が当然求められています。この課題に対応するため、今後内部プロセスを徹底的に見直すとともに、人材も育成していかなくてはなりません。CIOとしてやるべきことは、まだたくさん残されているのです。


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

三菱自動車、プジョー・シトロエンに電気自動車の供給検討

JUGEMテーマ:ニュース


三菱自動車、プジョー・シトロエンに電気自動車の供給検討
ロイター

[東京 8日 ロイター] 三菱自動車工業(7211.T: 株価, ニュース, レポート)が、仏プジョー・シトロエングループ(PSA)(PEUP.PA: 株価, 企業情報, レポート)に電気自動車のOEM(相手先ブランド生産)供給を検討していることが8日、分かった。

 昨年6月にPSAと合意した関連技術の供与からさらに踏み込むことで、生産コストを低減し、早期の普及拡大を目指す。

 関係者によると、OEMの開始時期や供給規模は現在詰めており、最終的に固まっていない。しかし中核部品であるリチウムイオン電池の増産態勢を考慮すると、供給開始は2010年以降になる見込みだという。

 三菱自動車は今年夏から日本国内で電気自動車を投入する予定にしている。


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店

欧州株:3日続伸、医薬品・自動車株が高い

JUGEMテーマ:ニュース


欧州株:3日続伸、医薬品・自動車株が高い
日本経済新聞

ロンドン(ダウ・ジョーンズ)6日の欧州株式相場は3営業日続伸。医薬品株、自動車株、鉄鋼株が上げを主導した。欧州主要企業600社で構成されるダウ・ジョーンズStoxx600指数の終値は前日比4.18ポイント(2.00%)高の212.87。欧州株は今年に入ってから上昇を続けている。

 主要指数の終値は、英FTSE100種総合株価指数が前日比59.28ポイント(1.29%)高の4638.92、独DAXが同42.32ポイント(0.85%)高の5026.31、仏CAC40種指数は同36.30ポイント(1.08%)高の3396.22。

 医薬品株では、英グラクソ・スミスクラインが2.2%高、仏サノフィ・アベンティスは3.5%高、スイスのロシュは1.1%高をつけた。

 英アストラゼネカは3.5%高。同社開発のインフルエンザワクチン製品について、欧州当局に承認を申請したと明らかにした。

 フォルティスのストラテジスト、フィリップ・ジゼルス氏は「医薬品株は、今年私が最も期待しているセクターの1つ。安定したバランスシート、多すぎない負債、力強いキャッシュフローを備えた企業は、勝者として現在の金融危機を切り抜けるだろう」と述べた。

 また、ベアマーケットラリー(弱気相場での一時的な上昇)が年末から始まり、1月に入ってからも続いていると語った。

 同氏は「相場の回復は今後も続くだろう。年始はファンドに資金が投入されるほか、株式は今もなお売られすぎの状態にあることなど、相場回復を支える多くの要因がある」とした。加えて、各国の政府と主要中央銀行が政策金利の引き下げに踏み切るなどして、世界経済の活性化を図るだろうと指摘した。

 欧州連合(EU)統計局がこの日発表した12月のユーロ圏15カ国の消費者物価指数(速報値)が前年同月比で1.6%の上昇にとどまったことを受け、欧州中央銀行(ECB)が1月15日の定例理事会で追加利下げに踏み切るのではないかとの期待が高まっている。

 IHSグローバル・インサイトのエコノミスト、ハワード・アーチャー氏は、「今のところ、ECBは手の内を見せず、大幅な追加利下げには消極的な姿勢を示しているが、15日の理事会で利下げに踏み切る可能性が高いとわれわれは確信している」と述べた。

 英中銀イングランド銀行は7-8日に金融政策委員会を開き、政策金利について協議する。

 自動車株も好調で、独ダイムラーは3.3%高、独フォルクスワーゲンは11.9%高。

 独ポルシェは1.2%高。フォルクスワーゲンへの出資比率を50.76%に引き上げたと明らかにしたことから買われた。

 鉱業株では、英豪資源大手リオ・ティントが11.1%高。スイスのエクストラータは、銅先物価格が上昇したことに支えられ、13.4%高。

 鉄鋼株も上昇し、世界最大手アルセロール・ミタルが13.6%高、独ティッセンクルップは2.7%高をつけた。

 -0-

 Copyright (c) 2009 Dow Jones & Co. Inc. All Rights Reserved.


日本全国簡単30秒査定実施中!→ハイエース買取高価専門店
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
トラック専門高価買取車種
ファイター買取
レンジャー買取
エルフ買取
フォワード買取
キャンター買取
タイタン買取
アトラス買取
コンドル買取
ダイナ買取
トラック買取
selected entries
categories
高額買取専門店
ハイエース買取専門店
ランクル買取店
パジェロ買取店
ディーゼル車買取店
軽自動車買取店
ヴィッツ買取店
スカイライン買取店
トラック買取専門店
ダイハツ中古車買取専門店
ホンダ中古車買取専門店
アルファロメオ買取専門店
アストロ買取専門店
アウディ買取専門店
ブレイザー買取専門店
キャディラック買取専門店
チェロキー買取専門店
コースター買取専門店
エクスプローラー買取専門店
ゴルフ買取専門店
ジャガー買取専門店
ランドローバー買取専門店
プジョー買取専門店
サーブ買取専門店
ストラーダ買取専門店
ボルボ買取専門店
ラングラー買取専門店
オペル買取専門店
archives
ブログリンク
りんごのブログ
わんわんハッピー♪
青空市場
Happy Happy Happy
つれづれ日記
ひとりごと!
★【RYUの徒然日記】★
クボログ
効率的なスローライフ
ベルル君のひとりごと
おしゃべり色々
橘真斗の徒然コラム
マーケティング
ランクルニュース
トヨタ自動車ブックマーク
内部統制
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links
ディーゼル規制地域

ディーセル車買取 東京
ディーセル車買取 日野市
, ディーセル車買取 東村山市
, ディーセル車買取 国分寺市
, ディーセル車買取 国立市
, ディーセル車買取 福生市
, ディーセル車買取 狛江市
, ディーセル車買取 東大和市
, ディーセル車買取 清瀬市
, ディーセル車買取 東久留米市
, ディーセル車買取 武蔵村山市
, ディーセル車買取 多摩市
, ディーセル車買取 稲城市
, ディーセル車買取 羽村市
, ディーセル車買取 あきる野市
, ディーセル車買取 西東京市
, ディーセル車買取 西多摩郡瑞穂町
, ディーセル車買取 西多摩郡日の出町
, ディーセル車買取 東京都
, ディーセル車買取 東京23区
, ディーセル車買取 板橋区
, ディーセル車買取 北区
, ディーセル車買取 足立区
, ディーセル車買取 葛飾区
, ディーセル車買取 練馬区
, ディーセル車買取 豊島区
, ディーセル車買取 荒川区
, ディーセル車買取 杉並区
, ディーセル車買取 中野区
, ディーセル車買取 新宿区
, ディーセル車買取 文京区
, ディーセル車買取 台東区
, ディーセル車買取 墨田区
, ディーセル車買取 江戸川区
, ディーセル車買取 渋谷区
, ディーセル車買取 千代田区
, ディーセル車買取 中央区
, ディーセル車買取 江東区
, ディーセル車買取 世田谷区
, ディーセル車買取 港区
, ディーセル車買取 目黒区
, ディーセル車買取 品川区
, ディーセル車買取 大田区
, ディーセル車買取 八王子市
, ディーセル車買取 立川市
, ディーセル車買取 武蔵野市
, ディーセル車買取 三鷹市
, ディーセル車買取 青梅市
, ディーセル車買取 府中市
, ディーセル車買取 昭島市
, ディーセル車買取 調布市
, ディーセル車買取 町田市
, ディーセル車買取 小金井市
, ディーセル車買取 小平市
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 神奈川
ディーセル車買取 神奈川県
, ディーセル車買取 横浜市
, ディーセル車買取 川崎市
, ディーセル車買取 横須賀市
, ディーセル車買取 平塚市
, ディーセル車買取 鎌倉市
, ディーセル車買取 藤沢市
, ディーセル車買取 小田原市
, ディーセル車買取 茅ヶ崎市
, ディーセル車買取 逗子市
, ディーセル車買取 相模原市
, ディーセル車買取 三浦市
, ディーセル車買取 秦野市
, ディーセル車買取 厚木市
, ディーセル車買取 大和市
, ディーセル車買取 伊勢原市
, ディーセル車買取 海老名市
, ディーセル車買取 座間市
, ディーセル車買取 綾瀬市
, ディーセル車買取 三浦郡
, ディーセル車買取 高座郡
, ディーセル車買取 中郡
, ディーセル車買取 足柄上郡中井町
, ディーセル車買取 足柄上郡大井町
, ディーセル車買取 愛甲郡愛川町
, ディーセル車買取 津久井郡城山町
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 埼玉
ディーセル車買取 埼玉県
, ディーセル車買取 川越市
, ディーセル車買取 熊谷市
, ディーセル車買取 川口市
, ディーセル車買取 行田市
, ディーセル車買取 所沢市
, ディーセル車買取 加須市
, ディーセル車買取 本庄市
, ディーセル車買取 東松山市
, ディーセル車買取 岩槻市
, ディーセル車買取 春日部市
, ディーセル車買取 狭山市
, ディーセル車買取 羽生市
, ディーセル車買取 鴻巣市
, ディーセル車買取 深谷市
, ディーセル車買取 上尾市
, ディーセル車買取 草加市
, ディーセル車買取 越谷市
, ディーセル車買取 蕨市
, ディーセル車買取 戸田市
, ディーセル車買取 入間市
, ディーセル車買取 鳩ヶ谷市
, ディーセル車買取 朝霞市
, ディーセル車買取 志木市
, ディーセル車買取 和光市
, ディーセル車買取 新座市
, ディーセル車買取 桶川市
, ディーセル車買取 久喜市
, ディーセル車買取 北本市
, ディーセル車買取 八潮市
, ディーセル車買取 富士見市
, ディーセル車買取 上福岡市
, ディーセル車買取 三郷市
, ディーセル車買取 蓮田市
, ディーセル車買取 坂戸市
, ディーセル車買取 幸手市
, ディーセル車買取 鶴ヶ島市
, ディーセル車買取 日高市
, ディーセル車買取 吉川市
, ディーセル車買取 さいたま市
, ディーセル車買取 北足立郡
, ディーセル車買取 入間郡大井町
, ディーセル車買取 入間郡三芳町
, ディーセル車買取 比企郡川島町
, ディーセル車買取 比企郡吉見町
, ディーセル車買取 児玉郡上里町
, ディーセル車買取 大里郡大里村
, ディーセル車買取 大里郡岡部町
, ディーセル車買取 大里郡川本町
, ディーセル車買取 大里郡花園町
, ディーセル車買取 北埼玉郡騎西町
, ディーセル車買取 北埼玉郡南河原村
, ディーセル車買取 北埼玉郡川里町
, ディーセル車買取 南埼玉郡
, ディーセル車買取 北葛飾郡
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 千葉
ディーセル車買取 千葉県
, ディーセル車買取 千葉市
, ディーセル車買取 市川市
, ディーセル車買取 船橋市
, ディーセル車買取 松戸市
, ディーセル車買取 野田市
, ディーセル車買取 佐倉市
, ディーセル車買取 習志野市
, ディーセル車買取 柏市
, ディーセル車買取 市原市
, ディーセル車買取 流山市
, ディーセル車買取 八千代市
, ディーセル車買取 我孫子市
, ディーセル車買取 鎌ヶ谷市
, ディーセル車買取 浦安市
, ディーセル車買取 四街道市
, ディーセル車買取 白井市
, ディーセル車買取 東葛飾郡
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 愛知
ディーセル車買取 愛知県
, ディーセル車買取 津島市
, ディーセル車買取 碧南市
, ディーセル車買取 刈谷市
, ディーセル車買取 豊田市
, ディーセル車買取 安城市
, ディーセル車買取 西尾市
, ディーセル車買取 蒲郡市
, ディーセル車買取 犬山市
, ディーセル車買取 常滑市
, ディーセル車買取 江南市
, ディーセル車買取 名古屋市
, ディーセル車買取 尾西市
, ディーセル車買取 小牧市
, ディーセル車買取 稲沢市
, ディーセル車買取 東海市
, ディーセル車買取 大府市
, ディーセル車買取 知多市
, ディーセル車買取 知立市
, ディーセル車買取 尾張旭市
, ディーセル車買取 高浜市
, ディーセル車買取 岩倉市
, ディーセル車買取 豊橋市
, ディーセル車買取 豊明市
, ディーセル車買取 日進市
, ディーセル車買取 愛知郡
, ディーセル車買取 西春日井郡
, ディーセル車買取 丹羽郡
, ディーセル車買取 葉栗郡
, ディーセル車買取 中島郡平和町
, ディーセル車買取 海部郡七宝町
, ディーセル車買取 海部郡美和町
, ディーセル車買取 海部郡甚目寺町
, ディーセル車買取 岡崎市
, ディーセル車買取 海部郡大治町
, ディーセル車買取 海部郡蟹江町
, ディーセル車買取 海部郡庶l山村
, ディーセル車買取 海部郡飛鳥村
, ディーセル車買取 海部郡弥富町
, ディーセル車買取 海部郡佐屋町
, ディーセル車買取 海部郡佐織町
, ディーセル車買取 知多郡阿久比町
, ディーセル車買取 知多郡郡東浦町
, ディーセル車買取 知多郡郡武豊町
, ディーセル車買取 一宮市
, ディーセル車買取 額田郡幸田町
, ディーセル車買取 西加茂郡三好町
, ディーセル車買取 宝飯郡音羽町
, ディーセル車買取 宝飯郡小坂井町
, ディーセル車買取 宝飯郡御津町
, ディーセル車買取 瀬戸市
, ディーセル車買取 半田市
, ディーセル車買取 春日井市
, ディーセル車買取 豊川市
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 三重
ディーセル車買取 三重県
, ディーセル車買取 四日市市
, ディーセル車買取 桑名市
, ディーセル車買取 鈴鹿市
, ディーセル車買取 桑名郡長島町
, ディーセル車買取 桑名郡木曽岬町
, ディーセル車買取 三重郡楠町
, ディーセル車買取 三重郡朝日町
, ディーセル車買取 三重郡川越町
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 大阪
ディーセル車買取 大阪府
, ディーセル車買取 大阪市
, ディーセル車買取 堺市
, ディーセル車買取 岸和田市
, ディーセル車買取 豊中市
, ディーセル車買取 池田市
, ディーセル車買取 吹田市
, ディーセル車買取 泉大津市
, ディーセル車買取 高槻市
, ディーセル車買取 貝塚市
, ディーセル車買取 守口市
, ディーセル車買取 枚方市
, ディーセル車買取 茨木市
, ディーセル車買取 八尾市
, ディーセル車買取 泉佐野市
, ディーセル車買取 富田林市
, ディーセル車買取 寝屋川市
, ディーセル車買取 河内長野市
, ディーセル車買取 松原市
, ディーセル車買取 大東市
, ディーセル車買取 和泉市
, ディーセル車買取 箕面市
, ディーセル車買取 柏原市
, ディーセル車買取 羽曳野市
, ディーセル車買取 門真市
, ディーセル車買取 摂津市
, ディーセル車買取 高石市
, ディーセル車買取 藤井寺市
, ディーセル車買取 東大阪市
, ディーセル車買取 泉南市
, ディーセル車買取 四条畷市
, ディーセル車買取 交野市
, ディーセル車買取 大阪狭山市
, ディーセル車買取 阪南市
, ディーセル車買取 三島郡
, ディーセル車買取 泉北郡
, ディーセル車買取 泉南郡熊取町
, ディーセル車買取 泉南郡田尻町
, ディーセル車買取 南河内郡美原町
, ディーセル車買取 ...

ディーセル車買取 兵庫
ディーセル車買取 兵庫県
, ディーセル車買取 神戸市
, ディーセル車買取 姫路市
, ディーセル車買取 尼崎市
, ディーセル車買取 明石市
, ディーセル車買取 西宮市
, ディーセル車買取 芦屋市
, ディーセル車買取 伊丹市
, ディーセル車買取 加古川市
, ディーセル車買取 宝塚市
, ディーセル車買取 高砂市
, ディーセル車買取 川西市
, ディーセル車買取 加古川郡播磨町
, ディーセル車買取 揖保郡太子町
, ディーセル車買取 ...